骨董品・貴金属などの評価方法について

趣味でさまざまな物を収集する人は、多くいるでしょう。それらの趣味で収集した物も自分が他界した時には、親族の誰かの物となることはあるものです。しかし、どれを誰に分けたと言うことでもめることも多くあるのも、これらの現物なのです。全てを売却して現金にしてから分配すれば、遺産相続でもめることは少ないでしょう。しかし、実際にはそのように相続できるものでもありません。貴金属などに思い入れがあった場合は、その思い出と共に現物を相続して欲しいと願う人もいるのです。
では、遺産相続の時に貴金属などの現物は、平等に分配される為にも、どのようにして評価されるのでしょうか。
たまに骨董品であったり、現物の相続は、購入した時の価格だと思っている人もいるようです。しかし、実際の評価方法は異なります。
現物の評価は、相続する時に売却するならばいくらになるのか、同じものが市場に出回っているのならば売買実例価額で、出回っていないならば鑑定士などの精通者から意見を聞いた価格などになります。購入した時は高いものであっても、時代が変われば価値が変わるものは多くあります。購入金額に惑わされずに、分配についてはしっかりと下調べをして考えても良いかもしれません。魚介02

コメントは受け付けていません。