相続発生時の新品価格から減価償却相当額を控除した価格について

遺産相続として該当する物品等に関してはいわゆる不動産と動産、そして現金などに分類することができ、墓石など一部の動産を除くと、その殆どが対象となり得ます。動産の中でも自動車を相続するような場面も見られますが、その価値について明確に判断することが困難に感じる方も存在しています。自動車の場合では中古車として相続することが一般的になるために、同じように中古車販売が行われている業界での販売価格を見ることによって、ある程度の市場価格を判断することもできます。しかし、販売価格に関しては通常では利益が上乗せされていることが一般的になるために、明確に自動車の価値を知る方法としては、買取り専門業者によって判断してもらう方法も用意されています。また、車種や年式、走行距離数などによっても変動する一面を持っていることになり、同じ車種であっても価格が大きく変わる一面を持っています。そんな中、相続発生時の新品価格から減価償却相当額を控除する方法も用意されています。購入した価格に対して自動車の耐用年数などを鑑みる方法になり、状態次第では価値が既に無くなっている状態の自動車も存在していることになります。基本的には一般的な中古車売却額を前提としていることが多い傾向にあります。赤トウガラシ

コメントは受け付けていません。