車種、年式、走行距離などから勘案した売出し中の中古車価格について

中古車価格は、その売り出す業者によって基準となる価格が異なります。そのため、得意不得意の分野がある業者が存在します。実績のある業者は、どの程度まで値引きが可能かどうかをよく考えてなるべく売ろうとしますので、ある程度は交渉が可能な場合があり得ます。その一方でディーラー直轄の中古車販売店などでは、他社の中古車についてはそれほど値引きをしないケースもあり、様々とされています。
ただ、共通して言えることは、彼ら中古車業者の間では、車種のグレードについてはいくらでこの時期に売れるという標準価格を設定しており、その金額を基準として走行距離等で後はその標準金額から上下させるような形で販売している状況です。
このため、車種によっては同じような中古車であっても、価格が前後することがあり、しかもその金額は場合によっては10万円以上もの差がつくケースすらあります。できる限り多くの業者に当たってみて、希望する車種と金額かどうかを調べてみるのも一つの方法となってきます。
なお、車種や年式、走行距離以外でも事故歴があるかどうか、車体のボディカラーでも差がつくことがあるので、人気が元々ある場合には高めの販売価格になりやすいことは知っておくことが大切です。赤かぶ02

コメントは受け付けていません。